第3回秋の研究集会のご案内


 テーマ;「社会(地域社会)に対する大学の役割(責任)をどう評価するか」

大学評価学会では、「第3回秋の研究集会」を札幌学院大学(北海道江別市)において開催いたします。プログラムは下記のとおりです。シンポジウムのテーマは「社会(地域社会)に対する大学の役割(責任)をどう評価するか」となっております。本テーマの設定趣旨は、「社会に対する大学の教育的・研究的責任」(USR)をどのように捉え、どのように評価していけばよいのか、という問題意識からきております。また、社会の捉え方も、「企業・経済社会」を中心とするのではなく、地域、福祉、医療、家庭、文化あるいは市民など多方面かつ多元的な視点から、「社会に対する大学の教育的・研究的責任」(USR)をどのように果たすことが求められているのか、ということでもあります。多数の方のご参集を願っております。


 日時:2006年9月2日(土)10:00〜19:30
 場所:札幌学院大学、B館101(1階)(北海道江別市、JR函館本線・大麻駅下車、徒歩10分)

<プログラム>
 ※午前の部(10:00〜12:30)
 [会員報告](各報告の持ち時間60分)

  1)川口洋誉氏(名古屋大学大学院)「『GP』政策の現状と問題点」
  2)重本直利氏(龍谷大学)「機関評価と個人評価―龍谷大学の事例および評価の取り組み―」

 ※午後の部(13:30〜17:30)
 [シンポジュウム]

 テーマ「社会(地域社会)に対する大学の役割(責任)をどう評価するか」
 論題および報告者
  1)「大学・高等教育機関の地域社会貢献をめぐる争点と課題」
    姉崎洋一氏(北海道大学)
  2)「大学の地域における役割とその評価」
    押谷 一氏(酪農学園大学)
  3)「大学の社会的責任と大学設置法人のあり方を考える」
    蔵原清人氏(工学院大学)
  4)「大学における『健全性』とは何か―大学は誰に対して開かれるべきか―」
    紀 葉子氏(東洋大学)
   コメンテーター;「大学資本主義と大学改革」における若干の論点
    村上孝弘氏(龍谷大学)
  司会;望月太郎氏(大阪大学)

 ※懇親会(17:40〜19:30)、札幌学院大学G館5階、レストラン文泉(会費:3500円)

連絡先:大学評価学会事務局612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
龍谷大学 重本研究室 気付 Tel:075(645)8630(重本)or 8634(細川)
e-mail:a97003as@ryukoku-u.jp U R L:http://www.unive.jp/

トップにもどる